あいけん

自然飼育で育てた肉を使用したドッグフード

まず、自然飼育肉というのは抗生物質・ホルモン剤を使用しない無化学肥料で育てた肉であり、
家畜が摂取したホルモン剤などは内臓に大量に残ってしまうため、
自然飼育肉でない物を食べただけでもホルモンのバランスを崩してしまう可能性が大きくあります。

また、抗生物質も体に残るのでアレルギーの原因となってしまいますので、
ペットの食事としては出来るだけ自然飼育肉のドッグフードを食べさせてほしいです。
こちらにドッグフードと病気に関して詳し掲載されています。

他にも、化学製品や着色料が使われている場合は
ガンの原因にもなってしまいますので気を付けていただきたいですが、
デメリットとして長期保存をした場合は虫が発生してしまう可能性が高くありますので、
保存の方法には充分気を付けてもらいたいです。

未開封の場合でも温度や湿度には必ず注意をし、開封後は出来れば冷蔵保存をお勧めしたいです。
開封後の冷蔵保存でも一か月ほどの保存が限界なので、
その程度で食べきれるようなサイズを購入してください。

自然飼育肉のドッグフードはビタミンなども天然の物を使用しているので、同じ機械で製造していても
どうしても季節によっては粒の色・大きさ・香りが違ってくることがあります。

近年、ドッグフードの安全性について注目視されるようになり、昔はドッグフードが酸化しないよう
保存料などが使用されていましたが、今は安全性を重視するために
酸化を防ぐ作用のあるビタミンCやビタミンEなどを含むようになりました。

そして、出来れば自然飼育肉と書かれているドッグフードでも原材料をチェックするようにしましょう。
原材料は10パーセント以上単品で含まれているものは必ず明記しなくてはならないことになっているため
副産物などと記入されている少し不安要素があるものは出来るだけ避けるべきと考えられ、
水分などがしっかりとパーセント表示されている物を選びましょう。
こちらにドッグフードの種類など詳しく掲載されています。

また、最終的に加工した国の明記も必ずしなければならないので、
その辺りもチェックしてドッグフードを選ぶべきです。
こちらにドッグフードの様々な情報が掲載されています。
見ておけばとてもお役になると思います。

Menu