あいけん

カロリー控えめの成犬用ドッグフード

ペットフードは基本的に動物性たんぱく質が必要で大体のバランスの割合を肉が占めていましたが、
ダイエットが必要な愛犬の場合には普通のペットフードを与えていても
なかなか脂肪を抑えることができません。

そこで、注目されているのが普通動物性たんぱく質が肉である所を
魚のあじを使用しているペットフードです。

日本は他の国に比べると手軽に魚が手に入るほどの水産国であるので、
あじも国産のものを用意することができます。

また、肉と違う良い点で肉は部分しか使用することができないですが、
魚は頭の先から尻尾まで全て使用することができるので、
肉よりも多くの栄養をペットフードの中に取り入れえることができるのです。

また、魚に含まれる脂肪酸・DHA・EPAは体内でつくることができず
取り入れることでしか体内で増やすことができませんし、生活習慣病の改善にとても役立つのです。

血圧を下げ、中性脂肪を減らすことができるペットフードは
ダイエットを必要としているペットにはとても必要なペットフードなのではないでしょうか。

このアジをたんぱく源として使用している会社は国産なので、
国産にこだわっている方にはとてもお薦めしたいです。

また、他にもお薦めしたいペットフードとして、米ぬか発酵粉末を配合したもので、
中性脂肪・内臓脂肪を抑える作用があるのでダイエットには最適なペットフードです。
こちらは、カロリーはしっかりと維持しながらも代謝の改善を行うものなので、
身体の中から改善されるので、愛犬には負担が一切かからないでしょう。
1回で食べきれる量のドッグフードのはかり方こちらも合わせてご覧ください。

年々、愛犬に間食を無駄に与えてしまったり室内犬であまり運動をしない犬などが増えてきており、
このようなダイエット対策のペットフードはとても需要があるそうです。

年齢が高くなれば、犬も運動する時間が短くなりますし、
どうしてもペットフードで改善しなくてはならなくなるので、
国産の安全なものを愛犬に与えることができ、身体の改善も見込めるので
このようなペットフードはとても重要視されるでしょう。
こちらにドッグフードの種類など知っておきたい情報が様々掲載されています。

猫も一緒に飼っていて、しつけなどに困っている人もいるでしょう。
http://fridaynightrunning.com/にも書いてあるとおり、キャットフードをうまく利用することで
しつけやコミュニケーションの訓練にもなるようです。
是非試してみてください。

Menu