あいけん

犬の品種や年齢などでドッグフードを選ぶ

どれだけ値段が高くオーガニックでとてもペットにとって良いドッグフードだとされていても
自分のペットに合っていなければ意味がありません。
年齢に対応したドッグフードを考えてみましょう。

人間にアレルギー体質の人や虚弱、年齢などで食事制限があるとすれば犬でも同じことが言えるので、
何が自分のペットに合ったドッグフードなのかを選ぶことが飼い主にとって大事なことと言えるでしょう。

アレルギーの原因のされるのがドッグフードの添加物とされているので、
皮膚がただれていたりすればすぐにでも手作りの食事に変更してあげるべきです。

また、穀物を摂取しすぎている場合は便が柔らかく臭いが強いなど気になれば、
動物性たんぱく質が足りていない可能性があります。

そして、人間でも同じことが言えますが年齢が上がれば上がるほど歯が弱くなり、
固い物が食べられなくなってしまいますので、ペットも同様だと考え
年齢に合ったドッグフードの柔らかさのものを選んであげましょう。

ドッグフードは人間からすれば、量を計りお皿に入れるだけなのでとても便利な食事ですが、
犬種などそれぞれに完全に合ったドッグフードを選ぶことはとても難しいことでしょう。
どれだけ食事が合っていたとしても、添加物などが多く含まれているものを毎日あげていて
長生きできるのでしょうか。

ペットにとってのベストバランスフードは飼い主がペットのために
愛情を込めて毎日手作りするフードなのではないでしょうか。

毎日手作りとなると、食事バランスや量など難しく感じる部分もあるかもしれませんが、
冷蔵庫に残っている物に新鮮なお肉などを混ぜれば栄養のとれる食事を、その日のペットの体調に合わせて
作れるのでこんな素晴らしいベストバランスフードは無いと考えられます。

栄養バランスが手作りの中で不安だという方は補助食として、
おやつなどを食事以外で用意していれば充分だと考えられます。
どれだけ、自分のペットに合った食事を毎日の観察の中で用意してあげられるかが、
飼い主にとって大切になってくるのではないでしょうか。
こちらにはドッグフードの一般的な種類について掲載されています。
犬と一緒に猫を飼っている方やこれから猫を飼おうとしている人は、http://xn--nck1bpe3d4d0i.tv/
の正しいキャットフードの与え方を参考にしてください。

Menu