あいけん

危険なドッグフードの見分け方

現在では様々なドッグフードが発売されており、
何を基準に購入して良いのか分からず困っている方も多くいるのではないでしょうか。

ドッグフードのラベルに注目してもらうと様々な項目があると思われますが、
まず注意してもらいたいエトキシキンが入っている場合は強い防腐剤となりますので
すぐに違うドッグフードに変更しましょう。
こちらにドックフードの選び方について掲載されています。とても参考になると思うので是非ご覧ください。

また、賞味期限が長い場合は酸化防止剤が多く含まれているため、
長期の保存は出来ますが出来るだけ賞味期限の短い物を選びましょう。

理想的なドッグフードの栄養バランスは、タンパク質が22パーセント・脂質8パーセントとされており、
牛脂や鶏脂を使用されている場合は酸化する速度が速く腐敗しやすいので、
脂質でも何の脂を使用しているかはしっかりチェックしておく必要があります。

ドッグフードで安全と言われている物全てが安全かと言われると、
ハッキリとは確認することができなくなっております。
フードラベルに記載しなければいけないことは全体の八割のみなので、
残りの二割は記載されていないのが現実なのです。

そして、ペットフード会社に運ばれてくる前に加えられた添加物の原料は
記載しなくてもよくなっているので、危険なドッグフードを選ばないようにする方法
普通に購入する場合ではとても難しいと言えるでしょう。

そこで今注目されているのが手作りフードと言うもので、
安全だと言い切れる物が販売されていないのならば自分で手作りしてみるのです。

自分で手作りすることが容易なことでないのでドッグフードと言うものが販売されていますが、
自分の出来る範囲で作ることによってペットに安全な物を用意することができるのならば、
この上ないのではないでしょうか。

現にドッグフードを与えていた時にアレルギーなどを発症していたペットが
手作りフードに変更してから改善されたという方は少なくありません。
食材に含まれるビタミンや酵素などをそのまま吸収できる生食で与えることが理想とされていますが、
出来るだけ新鮮な物を用意しましょう。
猫も一緒に飼っている方は、キャットフードにも注意が必要です。
http://xn--nck1bpe3d4d0i.ws/のサイトに詳しい説明が載っているので、ご覧になってみてください。

Menu